世界遺産に登録されている座喜味城跡の隣に、歴史民俗資料館・美術館をリニューアルさせたユンタンザミュージアムがあります。座喜味城跡はもちろん、読谷村の歴史や文化・芸術などを知ることができます。

ユンタンザミュージアムとは?

ユンタンザミュージアム

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアムは、2018年6月に歴史資料博物館・美術館跡地にリニューアルオープンした施設です。

館内には読谷村の歴史や文化、美術、工芸、自然を紹介する常設展のほか企画展示場や文献室、休憩室などが設置されています。

旧施設に展示されていたものよりもさらに充実した内容なので、過去に施設を訪れたことがある人でも楽しむことができます。

常設展示場には実物大の亀甲墓(沖縄独特のお墓)が展示されていて、中に入ることもできます。

島のあちらこちらで見ることができる亀甲墓ですが、墓の中に入る体験は地元の人でもなかなかできません。

そのほかにも沖縄の伝統的な民家を再現した展示ブースや村内にあるガマの内部を再現した展示ブースもあるので、実際に体験をすることで沖縄を知る魅力的な内容になっています。

沖縄独特の骨壺ジーシガーミも展示

ユンタンザミュージアム

沖縄の方言で「ジーシガーミ」と呼ばれるこの不思議な形をした陶器は、厨子甕(ずしがめ)という骨壺です。

骨壺といってもその大きさは一般的なものとは全く違い、大人の男の人でも一人で持ち上げることはとても大変なくらい大きくて重たいです。

形も非常に独特で、作られた年代や先品によっても装飾などにも違いがあります。

一般的に蓋にあたる部分が家の屋根の形をしているのですが、そこにしゃちほこが飾られていたり美しい模様が描かれているものがあります。

なかには壁に仏様の姿が描かれているものもあって、まるでミニチュア版のお城を見ているような感じがします。

しかもよく見るとどの厨子甕にも壁に穴があけられています。

一般的な骨壺にも水抜きの穴があけられているものはありますが、厨子甕の穴は上部にあけられているので水抜きを目的としたものではないことが分かります。

実はこの穴は沖縄地方に古くから伝わる文化が関係しているのです。

ちなみに写真で紹介した厨子甕は屋外展示物なのですが、施設内にも厨子甕は展示されています。

また厨子甕に関する詳しい資料説明もあるので、厨子甕の不思議な世界を知りたい場合はぜひ資料室で確認してください。

さらに読谷村の伝統工芸品でもある読谷焼も、厨子甕と深い関係があります。戦前までは一般家庭でも厨子甕は使われていたので、読谷焼の厨子甕もたくさん残っています。

厨子甕は読谷村のヤチムンの里で購入することもできますので、ミュージアム見学の後に足を運んでみるのもおすすめです。

ミュージアムを出発点にした3つの歴史観光ガイドがある

読谷村の歴史や文化・芸術・自然を紹介するユンタンザミュージアムということもあって、施設を出発点にした観光コースも準備されています。

コースはテーマの異なる3つのコースとなっていて、「ヒストリーコース」「ネイチャーコース」「カルチャーコース」があります。

各コースは公式ホームページの【世民潭損歴史観光ガイド】を開くと無料でダウンロードすることができるので、個人旅行や観光にも利用することができます。

ただしダウンロードしたコースマップは読谷村の古地図が表示されているので、地図を見ただけでは場所がよくわからないこともあります。

迷子にないためにも、ミュージアムに準備されている読谷村のマップであらかじめ場所をチェックするようにしてください。

ユンタンザミュージアムのお土産は不思議な自販機で!

ユンタンザミュージアムにある自販機

ユンタンザミュージアムには売店はありませんが、建物の入口近くに不思議な自動販売機があります。

自動販売機からうちなーぐち(沖縄の方言)が延々と聞こえるので最初はちょっと驚くかもしれませんが、よく見てみるとお土産にピッタリのTシャツが販売されています。

ユンタンザミュージアムにある自販機

Tシャツに書かれているのは琉球いろは歌なのですが、サイズも豊富ですし値段もうちなーぐちTシャツにしては税込み800円とかなりお手頃です。

ちなみに同じ自動販売機では、Tシャツの琉球いろは歌と同じものが印刷されたメッシュキャップ(¥800)やフェイスタオル(¥500)も販売されています。この自動販売機は施設の外に設置されているので、ミュージアムに入場しなくても購入することができます。

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム【基本情報】

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味708番地の6
電話
098-958-3141
利用時間
9:00~18:00(最終入場は17:30)
休館日
・水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日が休館日)
・年末年始(12月28日~翌年の1月4日)
・施設が定める臨時休館日
利用料金
・大人 ¥500、小・中学生 ¥300、幼児 無料、65歳以上 ¥400
※村内在住の場合は別料金となります
※団体(20名以上)割引があります
公式ホームページ
http://www.yuntanza-museum.jp/
おすすめの記事