湿度が高い沖縄では梅雨入りするととにかく部屋の至る所にカビが発生!でもこれをそのまま放置しているともっとひどい状況になってしまいます。そこで沖縄が梅雨入りする前におすすめのカビ対策を4選紹介します!

梅雨入り前におすすめのカビ対策その①

浴室

梅雨入りすると一気に室内干しの頻度が上がる沖縄。そうはいっても室内干しが出来るスペースを確保するのはなかなか大変です。そこで多くの人が使っているのが「浴室」です。でも浴室ほどカビが発生する場所ってないですよね?だからこそ梅雨入りして本格的にカビが発生する前に、今ある浴室のカビを根こそぎ落としてしまいます。

浴室のカビ落とし法といえばいろいろありますが、大事なことは「何でカビを落とすのか」ではなく「落とした後の壁をどう維持するのか」です。

実は浴室のカビは換気扇をフル活用してもすぐにできます。でも毎日ちょっとした手間をかけるだけで、落としたカビの発生を抑える効果があります。それが「壁の拭き上げです。

「え?それだけ?」というかもしれませんがかなりの効果があります。何しろカビは根が深いですから、表面がキレイになっても栄養分があると分かればすぐに顔を出します。だからお風呂から上がった時やお風呂掃除の後についた壁の水滴を、使い終わったタオルなどでキレイに拭き上げます。手間はかかりますが、意外なほど効果はあります。

梅雨入り前におすすめのカビ対策その②

洗濯槽

洗濯槽のカビ除去も、梅雨入り前に進めておきましょう。何しろ梅雨入りすれば洗濯物は室内干しが基本になります。せっかくきれいに洗い終わっても、洗濯槽にこびりついたカビが洗濯物についてしまえば洗濯物がカビでやられてしまいます。

最も簡単で効果的なのが「重曹」を使って洗濯槽をクリーニングする方法です。できればこまめに行っておきたいところですが、面倒な場合はせめて梅雨入り前に1度やってみてください。

浮き出してきた汚れの多さにビックリしますが、この汚れの中にはカビ菌がうようよいます。だから洗濯槽のカビ除去だけでも、沖縄のカビ対策としてはかなりの効果があります。

梅雨入り前におすすめのカビ対策その③

トイレ

トイレの中も梅雨入りするとカビが大発生しますよね?でも壁にできたカビよりもっと面倒なのが「便器の内側のカビ」です。

表面にできるカビは比較的簡単に取れるのですが、便器の内側となるとなかなか見つからないうえに落ちにくい…。でもこれを除去しておかないと、梅雨入り後に大変な状態になってしまいます。

内側にできたカビを完全にやっつけたなら、浴室同様換気扇をフル活用してカビが発生しないように徹底的に対策を取っておきましょう!

梅雨入り前におすすめのカビ対策その④

エアコン

エアコンのカビは厄介です。エアコンといえば沖縄では室内干しの洗濯物を乾かす定番のアイテムですが、エアコンの内部にカビがあると作動と同時に部屋中にカビ菌が飛び散っていきます。

ただしエアコンの内部は、専門知識のあるプロでなければきれいにお掃除できません。徹底的にカビ対策をするのであれば、梅雨入り前にエアコン洗浄業者にクリーニングを依頼しましょう。

「さすがにカビ対策にお金は出せない…」という人は、とにかく素人でもできるフィルター周辺のお掃除をしましょう。

フィルターにほこりが溜まっていると、そこに部屋の湿気が含まれカビの温床となってしまいます。その状態でエアコンを作動させると、無駄に電気代がかかるだけでなく部屋の中にカビ菌が飛び散ってしまい衛生的にもよくありません。

またフィルターを取り出す時に開ける前扉にもカビはついています。これを丁寧にふき取るだけでも梅雨入り前のカビ対策としては有効です。

梅雨入り前のカビ対策でしつこいカビとサヨナラしよう!

梅雨入り前にしっかりとカビ対策をしておくことが、湿気大国・沖縄では大事なポイントになります。梅雨はじめじめとした嫌なシーズンですが、少しでも快適に過ごすためには事前の対策が一番です。

カビ対策は手間がかかりますが、できたカビを除去する手間と比べれば断然今の方が楽!さあ、梅雨入り前の今こそしっかりとカビ対策をしていきましょう!

おすすめの記事