沖縄県は海に囲まれているのに、魚の消費量が全国で最下位です。脂ののった魚が少ないからとか、高級魚が多いからとも言われています。そんな沖縄にもポピュラーな魚がありました。グルクンです。

グルクンの基本情報

グルクンは沖縄からインド洋にかけて生息しています。赤みを帯びた美しい魚で、1年を通じて漁獲され、家庭料理としても食堂のメニューとしても、よく食べられています。

沖縄県民に親しまれている魚なので、県魚に指定されています。グルクンは沖縄での呼び方で、和名はタカサゴです。1年中とれますが、秋が旬とされています。

グルクンの選び方

グルクンは傷みやすいので、鮮度の良いグルクンを選びましょう。グルクン選びのポイントは以下の通りです。

  • 目が澄んでいるもの、濁ったり白くなっていないもの。
  • ウロコにキズがないもの。
  • エラが鮮やかな赤い色をしているもの。
  • お腹にハリと弾力のあるもの。

グルクンは釣ってよし!食べてよし!の魚だった

沖縄では釣りは人気のレジャーで、小物から大物まで、いろんな魚が釣れます。グルクン釣りは比較的優しいので、子供や初心者からベテランまで人気です。

グルクン釣りの仕掛けはサビキ釣りと呼ばれて、枝状に針がたくさんついている仕掛けを使います。針にエサは付けず、仕掛けに付けた小さなカゴにオキアミを入れて、エサを撒くことでグルクンを寄せます。

なるほど!エサを付けないので、赤虫やミミズに触れるのが苦手な女性や子供もチャレンジできるし、エサの撒き加減が腕の見せ所で、ベテランも楽しめるってことですね、グルクンは海にいる時は青っぽい体をしています。釣ることで興奮して体が赤っぽい色に変わります。

グルクン釣りの良いところは、新鮮なうちに食べられることです。グルクンは鮮度が落ちやすいので、とれたてのものでないとお刺身に出来ません。これは釣り人の特権と思って、グルクンのお刺身を楽しみましょう!

グルクンの刺身

頭と内臓を取って、三枚におろします。大人は大葉やワサビを添えて頂きましょう。薬味が苦手なら、シークヮーサーをしょう油に入れて食べてもおいしいです。

また、皮を残して炙りにしてからお刺身にしてもおいしいと聞きました。泡盛やビールが進む味なんだそうで、食べてみたいですね。

グルクン料理のレシピ

グルクンのから揚げ

グルクンのから揚げ

グルクンは小骨が多いので、塩焼きにすると食べにくいので、たいていから揚げで食べることが多いです。家庭でもよく食べますし、スーパーのお総菜コーナーにも並んでいて、学校の給食にも出ます。

作り方

  1. グルクンのウロコとわたを取り除きます。きれいに水洗いして背骨に沿って切り込みを入れます。
  2. 水気をふいて塩を振り、小麦粉をまぶします。
  3. 鍋に油を熱し、高温でカラッと揚げます。シークヮーサーを絞っていただきます。骨まで食べられますよ。

グルクンのカルパッチョ

グルクンは柔らかい白身の魚なので、カルパッチョにしてもおしゃれでおいしいです。

作り方

  1. グルクンの頭、わたを取って、三枚におろします。
  2. うすく切ってお皿に並べます。
  3. ベビーリーフやレタスなどの野菜を盛り、ソースをかけていただきます。

※ソースはバルサミコ酢やマヨネーズでも良いですし、キウイなどのフルーツとワインビネガーでソースを作ってもおいしいです。

昔はもっとグルクンがとれたので、グルクンを使ったかまぼこが一般的でしたが、最近は漁獲量が減っていることと、小骨の処理に手間がかかるので、他の魚が使われています。かまぼこは沖縄そばのトッピングとして欠かせないものですが、加工品だけでなく、もっと魚を食べたほうが良いと思います。まずは、手に入りやすいグルクンから食べてみませんか。

おすすめの記事