沖縄に移住する限り、避けては通ることが出来ないヤモリ。「ゴキブリは殺してもヤモリはダメ!」といわれている沖縄では、神さまとも言われているし厄介者とも言われます。果たしてその正体とは?

沖縄のヤモリはやたらに種類が豊富だった!

沖縄に生息しているヤモリの種類を調べてみると、意外なほど豊富にあるのが分かります。那覇市などがある本島南部地域に生息しているヤモリの多くは「ホオグロヤモリ」と呼ばれるものなのですが、県内全域に生息するヤモリとなると「オンナダケヤモリ」「オガサワラヤモリ」「ミナミヤモリ」「クメヤモリ」など様々な種類のヤモリがいます。

ちなみにホオグロヤモリは、家の中や建物の中を主な活動拠点としています。そのためホテルの客室や観光施設などでもチョロチョロと動いているのをよく見かけます。

沖縄ではヤモリは「家の守り神」という

沖縄ではヤモリのことを方言で「ヤール―」といいます。漢字で書くと「家守り」と書くため、地元ではヤモリのことを「家の守り神」といいます。

でもヤモリはやっぱりヤモリ。体の大きさはそれほど大きくなくても、姿形は立派なトカゲにしか見えません。しかも沖縄のヤモリは「キューキュー」と不気味な声で鳴きます。

残念ながら沖縄のヤモリは、神出鬼没です。実際にその姿を見ることも多いのですが、彼らが張って歩いた後が壁や天井に残っているのを見てその存在に気が付くこともよくあります。とはいえ家の守り神といわれている存在なだけに、うかつにヤモリを退治することもできません。

そういった意味でヤモリは「人間が手出しできない唯一無二の存在=神様」と言えるのかもしれません。

そうはいってもヤモリは厄介者

家の守り神と言われる沖縄のヤモリですが、意外と迷惑な存在だったりします。特によく起きるヤモリトラブルが、ヤモリによる「エアコン室外機の故障」です。

沖縄のヤモリは体が非常に小さいため、小さな隙間さえあればどこにでも潜り込んでしまいます。そのため人間が気付かないうちにヒョロっとエアコンの室外機の中に入り込んでいきます。もちろんエアコンの室外機はヤモリにとっても危険を伴う場所なのですが、問題なのはヤモリが入り込んだことによって室外機の電子回路がショートしてしまい故障してしまうというケースです。

夏になると気温が35℃以上になる沖縄にとって、エアコンは必要不可欠なものです。しかも一年中高温多湿な沖縄ですから、夏でなくてもエアコンはフル稼働します。そんな沖縄で室外機の故障原因の1位が「ヤモリの侵入」なのですから、建前としては「家の守り神」ですが実状としては厄介者でもあるのです。

沖縄ならではのヤモリ対策法

エアコンが手放せない沖縄なのに室外機の故障原因ナンバー1なのが、人間が手を出してはいけないとされている「ヤモリ」です。そのため沖縄の家電量販店に行くと、他県では珍しい不思議なオプションサービスがあります。

沖縄のエアコンの多くは「ヤモリガード対応機種」である

室外機の故障の原因にヤモリが挙がる沖縄では、エアコンそのものが「ヤモリガード対応機種」ということが多いです。ヤモリが原因で故障するのは、内部の基盤にヤモリが侵入したことによってショートを起こすからです。そのためヤモリガード対応機種では、基板にヤモリを防止するためのコート剤や絶縁版を入れているものがあります。

ヤモリガード対応機種でなくても後付で何とか対処できる

間違ってヤモリガード対応機種以外のエアコンを買ってしまった場合も、電子回路をシリコンでコーティングするという対策方法があります。さすがにこれは業者に依頼しなければいけない作業ですが、室外機が壊れてしまうとそれだけで修理代が2~3万円かかります。そう考えれば、多少の出費は目をつぶっておいた方が無難です。

沖縄に住む以上ヤモリとは共存しなければいけない!

いろいろな意味で特別な存在である沖縄のヤモリは、沖縄に住み続ける以上共存するしかありません。室外機を壊されてしまった経験がある人に言わせれば「何言ってんだ!」と怒られるかもしれませんが、基本的に沖縄のヤモリは人に害を与えません。

少なくともヤモリがあなたを攻撃してくることはありませんから、お互いにつかず離れずの距離で付き合うのがベストでしょう。

おすすめの記事