沖縄はかつて琉球と呼ばれる独立した国でした。そんな沖縄には、本州では見られない独特の民族衣装があります。見た目にも艶やかな沖縄の民族衣装には、知られざる秘密が隠されています。

沖縄の民族衣装は「琉装(りゅうそう)」という

沖縄の民族衣装は、本州で一般的な和装とは大きく印象が違います。もちろん着物の柄に使われる色や模様なども独特ですが、着付け方も和装とは全く違います。そのため沖縄の民族衣装は「琉装」と呼ばれています。

ちなみに方言で琉装のことは「ウチナースガイ」といいます。ウチナーは「沖縄」という意味があり、スガイは「姿」と訳します。つまり「沖縄風の衣装」のことになります。

女性の民族衣装は帯を使わない

沖縄の女性の民族衣装の着付け方は、本州とは全く異なるのが特徴にあります。実は着物では必ず必要になる「帯」を使わないで着付けるのです。このような着付け方を「ウシンチー」といいます。

帯を付けずに着物を身に付ける理由は、通気性を高めることによって暑さをしのぐためだといわれています。その違いは夏によく見かける「浴衣」を思い出してもらうとよくわかります。

浴衣に使われる素材は、基本的に風通しが良いものが使われますよね?ところがいざ着てみると、帯のあたりがやけに暑く感じませんか?これは肌に着物が張り付いてしまうため、どうしても汗をかきやすくなっているからなのです。

これに対して沖縄のウシンチーは帯を使いませんから、肌に直接着物がくっつくことがありません。その上隙間があるために風通しがよく、重ね着をしても涼しく過ごすことが出来ます。こうした独特の着付け方法も、沖縄の気候に合わせて編み出された着付け方といえます。

髪型も独特な結い方をする

典型的な琉装を身に付けた女性の髪形を見てみると、不思議な形に結い上げられていることに気が付きます。この結い方は「ウチナーカンプ―(またはチナーカンプ―)」と呼ばれるものです。

昔は髪を長く伸ばしていたため、髪が顔や首にあたらないようにキレイに結い上げるのが一般的でした。さらに若い女性の場合はウチナーカンプ―に髪飾りを付けて華やかさを演出したり、外出する時は花笠と呼ばれる女性用の笠をかぶったりしました。

ちなみに沖縄では今でも結婚式や通過儀礼など特別な日に琉装を身に付けることがあります。ただ最近はヘアスタイルもそれぞれ異なるため、ウチナーカンプ―用のかつら(ポックリと呼ばれることもあります)を使ってそれっぽく仕上げます。

地域によって染織物にも特徴がある

大胆な柄と色鮮やかなカラーが印象的なイメージがある沖縄の民族衣装ですが、実は各地域に染織物の特徴がありそれによって身に付けた時の印象もかなり違います。

華やかな印象の染織物の代表といえば「琉球紅型」がありますが、そのほかにも「首里織」「読谷花織」なども特徴的です。またかつては庶民服の代表だった「芭蕉布」やさとうきびを使って染める「ウージ染め」なども、沖縄らしさのある衣装の材料として使われます。

ちなみに離島の「八重山上布」「宮古上布」「久米島紬」「与那国織」なども有名です。特に「上布」と呼ばれるものは本格的な琉装の衣装として使われる麻の生地なので、重ね着をする琉装では非常に重宝されていました。

袖口が広く開いているのも琉装の特徴

最後にもう一つだけ和装との違いを紹介するならば、「琉装の方が袖口は広く開いている」という点があります。これもウシンチー同様、沖縄ならではの暑さ対策の一つです。

広く開けた袖口から風が仲に入り込むことによって、服の中に風が入り込んでくるため汗をかきにくく快適に過ごすことが出来ます。

沖縄の民族衣装は沖縄の気候に合わせて独自に作り出されたものだった

沖縄の民族衣装は特徴的な色や柄の方にばかり目が行きがちですが、実は沖縄の気候にうまく対応できるように考えられた機能的なデザインの衣装でした。最近では改めて沖縄の民族衣装の良さが見直されるようになり、結婚式などでも和装ではなく琉装を選ぶ若い人も増えています。

そんな沖縄の民族衣装は、県内の観光施設でも気軽に体験することが出来ます。インスタ映えする上に沖縄の文化・歴史を感じることが出来る琉装。沖縄観光の記念に一度体験してみてはいかがですか?

おすすめの記事