沖縄の食文化は、本州の食文化とはかなり違います。そのため初めて沖縄の食文化に触れると、「なにこれ?」と思うことがたくさんあります。今回は沖縄の「食」にまつわるあるあるネタを集めてみました。

沖縄の食堂メニューには「おかず」というメニューがある

沖縄の食堂メニューを見てみると、「ゴーヤーチャンプルー」「煮つけ」「とんかつ」など比較的一般的な家庭料理が並んでいます。ところがよくよく見てみると、その中に「おかず」と書かれたメニューがあります。

ちなみに「おかず」というメニューには、きちんとした定義はありません。食堂側の判断で内容は異なりますが、汁物とご飯がセットになった一般的な定食メニューです。沖縄の食堂に何度か足を運んでいると慣れてくるのですが、初めて注文するときには結構勇気がいるメニューです。

みそ汁はあくまでもおかず

これまた沖縄の食堂あるあるです。メニューに「みそ汁」と書いてあっても、それはオプションとしてのみそ汁ではありません。沖縄食堂メニューにある「みそ汁」は、れっきとしたおかずです。

とにかく具沢山なみそ汁に、てんこ盛りのご飯がセットになったボリューム満点のメニューです。野菜不足が気になる人や最近体重が気になり始めた中年男性に人気があるメニューなので、間違っても「みそ汁にご飯追加」なんて注文をしてはいけません。

沖縄そばにいなりずしまたはジューシーセットは基本

「麺類&ご飯」という最強の炭水化物ペアは、沖縄では超基本的な注文の仕方です。特に沖縄そば屋に行くと、女性でもセットで注文する人がかなり多いです。

もちろん沖縄そば屋のご飯は、ただの白いご飯ではありません。基本的には「ジューシー」と呼ばれる沖縄風炊き込みご飯かいなりずしです。沖縄のソウルフードである沖縄そばとジューシーですから、この組み合わせが人気なのはよくわかります。

でもなぜか沖縄そば屋に行くと、ジューシーとは別にいなりずしが単品で売られています。「そこまでいなりずしが好きなのか?」という疑問がわくところですが、実際に私の友人たちに聞いても「別にそこまで好きというわけではない」といいます。

ただ友人たち曰く、「沖縄そば屋に行ったらジューシーかいなりずしのどっちかは絶対に頼むでしょ?」といいます。どうやら沖縄そばと稲荷ずしの相性は、地元的には最高の組み合わせのようです。

沖縄の弁当はご飯の上におかずをダイレクトにトッピング

沖縄の弁当も、沖縄食堂と同じく基本ボリューム満点です。ただその盛り付け方法が、かなりダイナミックです。

もともと市販の弁当の場合は、弁当容器に初めから仕切りがついていますよね?ただ沖縄の弁当のほとんどは、容器の仕切りを完全に無視します。何しろおかずはご飯の上にダイレクトに盛り付けていくため、ふたが閉まらないことはよくある話です。

もちろん弁当のサイズには様々なものがあり、小さなお弁当の場合は仕切りのない長方形の容器を使います。でもおかずの盛り付け方は、仕切り付きの弁当の場合と全く変わりません。そのためご飯は容器いっぱいにご飯とおかずが詰め込まれており、小さめの弁当でも正直言って相当おなかにたまります。

へちまは食べ物

沖縄の人にとってへちまは、たわしの代わりではありません。れっきとした島野菜です。方言では「ナーベーラー」と呼ばれるへちまは、外側の厚い皮を剥くと、きれいなヒスイ色をしたみずみずしい実が出てきます。

へちま料理の定番といえば、へちまと島豆腐の味噌煮があります。煮込むことでヘチマの実がトロっとしていて、とても食べやすいです。家庭でもよく作るメニューなので作り方や味付けは家庭ごとにそれぞれ違うのですが、夏の暑い時期などはニンニクを加えてパンチを効かせると食欲がアップします。

ちなみに沖縄でへちまを乾燥させてたわしにする人はほとんどいません。それどころか私の友人は「へちまはたわしにして使うよ」と言った私の話をいまだに信じてくれません。つまり沖縄の人にとってへちまは「体を洗うもの」ではなく「おなかを満たすもの」なのです。

おすすめの記事